ゲーマーならゲーミングモニターを今すぐ買え!というお話

f:id:Taichi_Hd:20210912162419j:plain

こんにちは。米国株投資家の太一(@Taichi_Hd)と申します。筆者は30代男性です。

中学生の頃、世に出始めたネットゲームにドハマリし、ゲーム内ではトップレベルのクランに所属して月間クラン戦1位を狙い仲間と切磋琢磨する黄金期。

GUNZOnlineやSpecialForceといったゲームに特に熱中してました。

分かる人は同じく良いお年ですね。

その後大学を卒業して社会人になった今は、エンジョイ勢としてOverwatchをプレイしています。

 

Overwatchってスポーツ系のFPSで、本当に動きが早い。

その中でもゲンジといううざいカッコいいサイバー忍者がいるんですが、こいつがもうピョンピョンとんで本当にAimがしづらい。

f:id:Taichi_Hd:20210912183700p:plain

なのに敵はバンバン当ててくる。もしかして理由は私?

これが加齢ってやつ?

もう年齢的にゲームが厳しいのかなと嘆いておりました。

 

そんな折、ちょっとだけ気になる製品があったんですよ。

その名もゲーミングモニター。

モニターに三万円だせば、画面がぬるぬるになって敵が見やすくなると。

正直昔のプレイ環境ではもっとカクカクな画面でバンバン当てていた記憶があるので、そこにお金をかけるのはなんだかなー・・・と、変なプライドが邪魔をしていました。

 

人間一度気になると調べてしまうもので、Youtubeなんかでゲーミングモニターのレビュー動画を中心に研究。

中でもモニ研さんの動画がとても丁寧にレビューされていて、こちらのモニターが目に止まりました。

ASUSTek ゲーミングモニター TUF Gaming VG259QR 

リフレッシュレートは165Hzで、応答速度は1msと・・・。

そこで当時使っていたメインモニターの性能を調べてみることに。

 

Acer ゲーミングモニター KG271bmiix

ほら、やっぱりこれもゲーミングモニターじゃん。

応答速度は1msだし・・・って、リフレッシュレートが76Hz!?

おまけにTN液晶だ・・・。

(すでにモニ研さんの影響でTNとIPSについて理解し、TNに劣等感を抱いている)

 

Netflixも綺麗なIPSパネルで鑑賞したいし、もうこれ買うしかないんじゃね?とポチってしまいました。

 

そんなこんなで買ってみた

一番目の感想としては、とにかく画面が綺麗!

やっぱりNetflixの映画やドラマといったコンテンツはモニターやスピーカーの性能を上げるとクオリティが上がるのだと、再認識しました。

これだけでも値段の価値はあったかもしれない。

(このせいでNetflixのために65インチのテレビやらスピーカーやらが欲しくなるのだが)

 

肝心のゲームなのですが、「見えるぞ、私にも敵が見える」と、当時のシャアの気持ちが理解できました。Aimも当然瀑上がり。

そうそうこれ、これがFPSだ。

f:id:Taichi_Hd:20210912181850j:plain

きっとジオングもモニターのリフレッシュレートが格段に上がっていたに違いない。

 

一時期ブロンズまで落ち込んでいた私のレートは見事ゴールドへ返り咲くことができました。(シーズンの終わりでシルバーに落ちてしまったが)

f:id:Taichi_Hd:20210912182254j:plain

↑の成績が↓の成績に。

f:id:Taichi_Hd:20210912182310j:plain

 

私のように変なプライドからゲーミングモニターに手を出していない30代のオールドタイプネットゲーマーの皆さん、ぜひ旧ザクからジオングへ乗り換えましょう。

そして過去のAimを取り戻すのです。

 

最後に一応理論的に自分を納得させた理由を箇条書きにします。

  • どんなに過去の自分が過去の環境で成績を出せていたとしても、今戦っている相手は現代の環境で自分と戦っているのかもしれないので、自分も相手と同じ性能の環境で戦ったほうが良い
  • 昔のゲームと違い、今のゲームは高いリフレッシュレートがある前提でフレームの処理をしているかもしれない
  • 純粋に発色が綺麗なIPSパネルでいろんな動画がみたい

 

正直、最後の理由が購入の動機としては一番大きかったです。

満足度としては100点満点。

何より自分は思ったほど老いてない、まだまだゲームできるし若いと思えた事がでかい。

ゲンジなんか蜂の巣ですよ。

 

ゲーミングモニターを買おうか迷っているゲーマーは今すぐ買ってください。

私の場合は、めちゃくちゃ効果がありました。

ぜひ皆さんにもこの体験をしてほしい。

購入を悩む人へ、最後のひと押しになることを願って。